Loading

研 究

Research

NMN論文アーカイブ

NMNやサーチュイン遺伝子に関する研究は日進月歩で進み、毎月のように新しい研究成果を発表する論文が報告されています。
ここでは、最新研究論文を機械翻訳による日本語にてお読みいただけます。

酸化
その他
認知
糖尿
血圧
肥満
老化・若返り
Thank you! Your submission has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.
公開日
論文タイトル(オリジナル)
論文タイトル(自動翻訳)
論文著者名
カテゴリー
原文
自動翻訳
公開日
2019-08-13
論文タイトル(オリジナル)
Why Is Mom Stressed: Homeorhesis as the Potential Problem and Nicotinamide Riboside as the Potential Solution
論文タイトル(自動翻訳)
母親がストレスを感じる理由:潜在的な問題としてのホメオレシスと潜在的な解決策としてのニコチンアミドリボシド
著者名
Charles Brenner
カテゴリー
公開日
2019-08-13
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide Riboside Augments the Aged Human Skeletal Muscle NAD + Metabolome and Induces Transcriptomic and Anti-inflammatory Signatures
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは、老化したヒト骨格筋NAD +メタボロームを増強し、トランスクリプトームおよび抗炎症のサインを誘発する
著者名
Yasir S Elhassan 他
カテゴリー
公開日
2019-08-08
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide adenine dinucleotides and their precursor NMN have no direct effect on microtubule dynamics in purified brain tubulin
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドとその前駆体NMNは、精製された脳チューブリンの微小管ダイナミクスに直接影響を与えない
著者名
Anna Luchniak 他
カテゴリー
公開日
2019-08-01
論文タイトル(オリジナル)
Corneal Denervation Causes Epithelial Apoptosis Through Inhibiting NAD+ Biosynthesis
論文タイトル(自動翻訳)
角膜除神経は、NAD +生合成を阻害することにより上皮アポトーシスを引き起こす
著者名
Ya Li 他
カテゴリー
公開日
2019-08-01
論文タイトル(オリジナル)
Roads to the Fountain of Youth? Rejuvenating Intestinal Stem Cells
論文タイトル(自動翻訳)
若返りの泉への道?腸幹細胞の若返り
著者名
James W Larrick 他
カテゴリー
公開日
2019-07-19
論文タイトル(オリジナル)
Boosting NAD + with a small molecule that activates NAMPT
論文タイトル(自動翻訳)
NAMPTを活性化する小分子で NAD +をブースト
著者名
Stephen J Gardell 他
カテゴリー
公開日
2019-07-18
論文タイトル(オリジナル)
Mitochondrial function in liver cells is resistant to perturbations in NAD + salvage capacity
論文タイトル(自動翻訳)
肝細胞のミトコンドリア機能は、NAD +サルベージ能力の摂動に耐性がある
著者名
Morten Dall 他
カテゴリー
公開日
2019-07-15
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside promotes autolysosome clearance in preventing doxorubicin-induced cardiotoxicity
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは、ドキソルビシン誘発性心毒性の予防においてオートファゴソームクリアランスを促進する
著者名
Dong Zheng 他
カテゴリー
公開日
2019-07-12
論文タイトル(オリジナル)
The Potential Use of Metabolic Cofactors in Treatment of NAFLD
論文タイトル(自動翻訳)
NAFLDの治療における代謝補因子の使用の可能性
著者名
Adil Mardinoglu 他
カテゴリー
公開日
2019-07-07
論文タイトル(オリジナル)
Implications of NAD metabolism in pathophysiology and therapeutics for neurodegenerative diseases
論文タイトル(自動翻訳)
神経変性疾患の病態生理学および治療におけるNAD代謝の意味
著者名
Keisuke Hikosaka 他
カテゴリー
公開日
2019-07-05
論文タイトル(オリジナル)
Safety and Metabolism of Long-term Administration of NIAGEN (Nicotinamide Riboside Chloride) in a Randomized, Double-Blind, Placebo-controlled Clinical Trial of Healthy Overweight Adults
論文タイトル(自動翻訳)
健康な太りすぎの成人を対象とした無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験におけるNIAGEN(ニコチンアミドリボシドクロリド)の長期投与の安全性と代謝
著者名
Dietrich Conze 他
カテゴリー
公開日
2019-06-11
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside, an NAD+ precursor, attenuates the development of liver fibrosis in a diet-induced mouse model of liver fibrosis
論文タイトル(自動翻訳)
NAD +前駆体であるニコチンアミドリボシドは、食餌誘発性肝線維症のマウスモデルにおける肝線維症の発症を軽減する
著者名
Tho X Pham 他
カテゴリー
公開日
2019-06-08
論文タイトル(オリジナル)
Role of mitochondria in diabetic peripheral neuropathy: Influencing the NAD +-dependent SIRT1-PGC-1α-TFAM pathway
論文タイトル(自動翻訳)
糖尿病性末梢神経障害におけるミトコンドリアの役割:NAD +依存性SIRT1-PGC-1α-TFAM経路 への影響
著者名
Krish Chandrasekaran 他
カテゴリー
公開日
2019-05-27
論文タイトル(オリジナル)
Sirt1 counteracts decrease in membrane phospholipid unsaturation and diastolic dysfunction during saturated fatty acid overload
論文タイトル(自動翻訳)
Sirt1は、飽和脂肪酸過負荷時の膜リン脂質不飽和度と拡張機能障害の減少を打ち消す
著者名
Tsunehisa Yamamoto 他
カテゴリー
公開日
2019-05-19
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide mononucleotide (NMN) treatment attenuates oxidative stress and rescues angiogenic capacity in aged cerebromicrovascular endothelial cells: a potential mechanism for the prevention of vascular cognitive impairment
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)治療は、酸化ストレスを軽減し、老化した脳微小血管内皮細胞の血管新生能力を救助します:血管認知障害の予防のための潜在的なメカニズム
著者名
Tamas Kiss 他
カテゴリー
公開日
2019-05-11
論文タイトル(オリジナル)
Implications of altered NAD metabolism in metabolic disorders
論文タイトル(自動翻訳)
代謝障害におけるNAD代謝の変化の意味
著者名
Keisuke Okabe 他
カテゴリー
公開日
2019-05-07
論文タイトル(オリジナル)
PGC-1α, Sirtuins and PARPs in Huntington's Disease and Other Neurodegenerative Conditions: NAD+ to Rule Them All
論文タイトル(自動翻訳)
ハンチントン病およびその他の神経変性状態におけるPGC-1α、サーチュインおよびPARP:それらすべてを支配するNAD +
著者名
Alejandro Lloret 他
カテゴリー
公開日
2019-05-03
論文タイトル(オリジナル)
NAD metabolites interfere with proliferation and functional properties of THP-1 cells
論文タイトル(自動翻訳)
NAD代謝物はTHP-1細胞の増殖と機能特性を妨害する
著者名
Katharina Petin 他
カテゴリー
公開日
2019-04-18
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide mononucleotide promotes osteogenesis and reduces adipogenesis by regulating mesenchymal stromal cells via the SIRT1 pathway in aged bone marrow
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチドは、老化した骨髄のSIRT1経路を介して間葉系幹細胞を調節することにより、骨形成を促進し、脂肪生成を減少させます
著者名
Jie Song 他
カテゴリー
公開日
2019-04-16
論文タイトル(オリジナル)
Transcriptional Response of White Adipose Tissue to Withdrawal of Vitamin B3
論文タイトル(自動翻訳)
ビタミンB3の離脱に対する白色脂肪組織の転写応答
著者名
Wenbiao Shi 他
カテゴリー
公開日
2019-04-16
論文タイトル(オリジナル)
Cardioprotective Effect of the Mitochondrial Unfolded Protein Response During Chronic Pressure Overload
論文タイトル(自動翻訳)
慢性的な圧力過負荷時のミトコンドリアの折りたたまれていないタンパク質応答の心臓保護効果
著者名
Ioannis Smyrnias 他
カテゴリー
公開日
2019-04-10
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide mononucleotide (NMN) supplementation rescues cerebromicrovascular endothelial function and neurovascular coupling responses and improves cognitive function in aged mice
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の補給は、脳微小血管内皮機能と神経血管カップリング応答を救出し、老齢マウスの認知機能を改善する
著者名
デビッド・シンクレア 他
カテゴリー
公開日
2019-04-05
論文タイトル(オリジナル)
Targeting NAMPT as a therapeutic strategy against stroke
論文タイトル(自動翻訳)
脳卒中に対する治療戦略としてNAMPTを標的にする
著者名
Shu-Na Wang 他
カテゴリー
公開日
2019-03-27
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside protects against liver fibrosis induced by CCl 4 via regulating the acetylation of Smads signaling pathway
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは、のCClによって誘発される肝線維症に対する保護4のSmadシグナル伝達経路のアセチル化の調節を介して
著者名
Rui Jiang 他
カテゴリー
公開日
2019-03-27
論文タイトル(オリジナル)
NAD + supplementation rejuvenates aged gut adult stem cells
論文タイトル(自動翻訳)
NAD +サプリメントは、老化した腸の成体幹細胞を活性化する
著者名
Masaki Igarashi 他
カテゴリー
公開日
2019-03-07
論文タイトル(オリジナル)
The NAD-Booster Nicotinamide Riboside Potently Stimulates Hematopoiesis through Increased Mitochondrial Clearance
論文タイトル(自動翻訳)
NADブースターニコチンアミドリボシドは、ミトコンドリアクリアランスの増加を通じて造血を強力に刺激する
著者名
Nicola Vannini 他
カテゴリー
公開日
2019-03-06
論文タイトル(オリジナル)
Enhanced SIRT6 activity abrogates the neurotoxic phenotype of astrocytes expressing ALS-linked mutant SOD1
論文タイトル(自動翻訳)
強化されたSIRT6活性は、ALS関連変異体SOD1を発現する星状細胞の神経毒性表現型を無効する
著者名
Benjamin A Harlan 他
カテゴリー
公開日
2019-03-05
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide adenine dinucleotide emerges as a therapeutic target in aging and ischemic conditions
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドは、老化および虚血状態の治療標的として出現する
著者名
Leila Hosseini 他
カテゴリー
公開日
2019-02-28
論文タイトル(オリジナル)
Targeting NAD + Metabolism as Interventions for Mitochondrial Disease
論文タイトル(自動翻訳)
ミトコンドリア病への介入として NAD +代謝を 標的にする
著者名
Chi Fung Lee 他
カテゴリー
公開日
2019-02-27
論文タイトル(オリジナル)
Assessment of NAD + metabolism in human cell cultures, erythrocytes, cerebrospinal fluid and primate skeletal muscle
論文タイトル(自動翻訳)
ヒト細胞培養、赤血球、脳脊髄液、霊長類の骨格筋 におけるNAD +代謝の 評価
著者名
Tyler G Demarest 他
カテゴリー
公開日
2019-02-23
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide mononucleotide alters mitochondrial dynamics by SIRT3-dependent mechanism in male mice
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチドは、オスのマウスのSIRT3依存性メカニズムによってミトコンドリアのダイナミクスを変化させる
著者名
Nina Klimova 他
カテゴリー
公開日
2019-02-21
論文タイトル(オリジナル)
NR Supplementation During Lactation: Benefiting Mother and Child
論文タイトル(自動翻訳)
授乳中のNRサプリメント:母と子の利益
著者名
Dengbao Yang 他
カテゴリー
公開日
2019-02-13
論文タイトル(オリジナル)
Syntheses and chemical properties of β-nicotinamide riboside and its analogues and derivatives
論文タイトル(自動翻訳)
β-ニコチンアミドリボシドおよびその類似体と誘導体の合成と化学的性質
著者名
Mikhail V Makarov 他
カテゴリー
公開日
2019-02-08
論文タイトル(オリジナル)
Neonatal Resveratrol and Nicotinamide Riboside Supplementations Sex-Dependently Affect Beige Transcriptional Programming of Preadipocytes in Mouse Adipose Tissue
論文タイトル(自動翻訳)
新生児のレスベラトロールとニコチンアミドリボシドの補給は、マウス脂肪組織の前脂肪細胞のベージュの転写プログラミングに性依存的に影響を与える
著者名
Madhu Asnani-Kishnani 他
カテゴリー
公開日
2019-02-06
論文タイトル(オリジナル)
Acute nicotinamide riboside supplementation improves redox homeostasis and exercise performance in old individuals: a double-blind cross-over study
論文タイトル(自動翻訳)
急性ニコチンアミドリボシド補給は、高齢者のレドックスホメオスタシスと運動パフォーマンスを改善する:二重盲検クロスオーバー試験
著者名
C F Dolopikou 他
カテゴリー
公開日
2019-01-22
論文タイトル(オリジナル)
Maternal Nicotinamide Riboside Enhances Postpartum Weight Loss, Juvenile Offspring Development, and Neurogenesis of Adult Offspring
論文タイトル(自動翻訳)
母体のニコチンアミドリボシドは、産後の体重減少、幼若子孫の発達、および成体子孫の神経新生を促進する
著者名
Po Hien Ear 他
カテゴリー
公開日
2019-01-21
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide Mononucleotide: Exploration of Diverse Therapeutic Applications of a Potential Molecule
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチド:潜在的な分子の多様な治療への応用の探求
著者名
Saikat Kumar Poddar 他
カテゴリー
公開日
2019-01-19
論文タイトル(オリジナル)
Multi-targeted Effect of Nicotinamide Mononucleotide on Brain Bioenergetic Metabolism
論文タイトル(自動翻訳)
脳の生体エネルギー代謝に対するニコチンアミドモノヌクレオチドのマルチターゲット効果
著者名
Nina Klimova 他
カテゴリー
公開日
2019-01-07
論文タイトル(オリジナル)
Slc12a8 is a nicotinamide mononucleotide transporter
論文タイトル(自動翻訳)
Slc12a8はニコチンアミドモノヌクレオチドトランスポーター
著者名
今井眞一郎 他
カテゴリー
公開日
2018-12-29
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside regulates inflammation and mitochondrial markers in AML12 hepatocytes
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは、AML12肝細胞の炎症とミトコンドリアマーカーを調節する
著者名
Hee Jae Lee 他
カテゴリー
公開日
2018-12-06
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide ribose ameliorates cognitive impairment of aged and Alzheimer's disease model mice
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボースは、高齢者およびアルツハイマー病モデルマウスの認知障害を改善する
著者名
Xian Xie 他
カテゴリー
公開日
2018-12-01
論文タイトル(オリジナル)
Epigenetic silencing of Lgr5 induces senescence of intestinal epithelial organoids during the process of aging
論文タイトル(自動翻訳)
Lgr5の エピジェネティックなサイレンシングは、老化の過程で腸上皮オルガノイドの老化を誘発します
著者名
Ryoei Uchida 他
カテゴリー
公開日
2018-12-01
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside has protective effects in a rat model of mesenteric ischaemia-reperfusion
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは、腸間膜虚血再灌流のラットモデルにおいて保護効果がある
著者名
Yana G Toropova 他
カテゴリー
公開日
2018-12-01
論文タイトル(オリジナル)
Metabolomes of mitochondrial diseases and inclusion body myositis patients: treatment targets and biomarkers
論文タイトル(自動翻訳)
ミトコンドリア病と封入体筋炎患者のメタボローム:治療標的とバイオマーカー
著者名
Jana Buzkova 他
カテゴリー
公開日
2018-11-16
論文タイトル(オリジナル)
Sirtuin 3 deficiency aggravates contrast-induced acute kidney injury
論文タイトル(自動翻訳)
サーチュイン3欠損症は造影剤誘発性急性腎障害を悪化させる
著者名
Qinghai Zhang 他
カテゴリー
公開日
2018-11-15
論文タイトル(オリジナル)
Rescue of biosynthesis of nicotinamide adenine dinucleotide protects the heart in cardiomyopathy caused by lamin A/C gene mutation
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの生合成の救済は、ラミンA / C遺伝子変異によって引き起こされる心筋症の心臓を保護する
著者名
Nicolas Vignier 他
カテゴリー
公開日
2018-11-08
論文タイトル(オリジナル)
CA1 Nampt knockdown recapitulates hippocampal cognitive phenotypes in old mice which nicotinamide mononucleotide improves
論文タイトル(自動翻訳)
CA1 Namptノックダウンは、ニコチンアミドモノヌクレオチドが改善する老齢マウスの海馬認知表現型を再現する
著者名
今井眞一郎 他
カテゴリー
公開日
2018-10-30
論文タイトル(オリジナル)
Alpha-Amino-Beta-Carboxy-Muconate-Semialdehyde Decarboxylase Controls Dietary Niacin Requirements for NAD + Synthesis
論文タイトル(自動翻訳)
アルファ-アミノ-ベータ-カルボキシ-ムコネート-セミアルデヒドデカルボキシラーゼは、NAD +合成の ための食事性ナイアシン要件を制御する
著者名
Laura Palzer 他
カテゴリー
公開日
2018-10-04
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide mononucleotide alleviates Aluminum induced bone loss by inhibiting the TXNIP-NLRP3 inflammasome
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチドは、TXNIP-NLRP3インフラマソームを阻害することにより、アルミニウムによる骨量減少を軽減しする
著者名
Haipeng Liang 他
カテゴリー
公開日
2018-10-04
論文タイトル(オリジナル)
Manipulating fenestrations in young and old liver sinusoidal endothelial cells
論文タイトル(自動翻訳)
老若男女の肝類洞内皮細胞における開窓の操作
著者名
Nicholas J Hunt 他
カテゴリー
公開日
2018-10-01
論文タイトル(オリジナル)
The emergence of the nicotinamide riboside kinases in the regulation of NAD+ metabolism
論文タイトル(自動翻訳)
NAD +代謝の調節におけるニコチンアミドリボシドキナーゼの出現
著者名
Rachel S Fletcher 他
カテゴリー
公開日
2018-09-06
論文タイトル(オリジナル)
Sirtuin 3-dependent mitochondrial redox homeostasis protects against AGEs-induced intervertebral disc degeneration
論文タイトル(自動翻訳)
サーチュイン3依存性ミトコンドリアレドックスホメオスタシスは、AGEs誘発性椎間板変性症から保護する
著者名
Yu Song 他
カテゴリー
公開日
2018-09-06
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide mononucleotide preserves mitochondrial function and increases survival in hemorrhagic shock
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチドはミトコンドリア機能を維持し、出血性ショックの生存率を高める
著者名
Carrie A Sims 他
カテゴリー
公開日
2018-09-06
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside induces a thermogenic response in lean mice
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは痩せたマウスに熱発生反応を誘発する
著者名
Barbara M Crisol 他
カテゴリー
公開日
2018-09-01
論文タイトル(オリジナル)
Rejuvenating Aged Hematopoietic Stem Cells Through Improvement of Mitochondrial Function
論文タイトル(自動翻訳)
ミトコンドリア機能の改善による老化した造血幹細胞の若返り
著者名
James Moon 他
カテゴリー
公開日
2018-08-28
論文タイトル(オリジナル)
Complete genome sequence analysis of the Malacosoma neustria nucleopolyhedrovirus from Turkey
論文タイトル(自動翻訳)
トルコのMalacosomaneustria核多角体ウイルスの完全なゲノム配列分析
著者名
Donus Gencer 他
カテゴリー
公開日
2018-08-28
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside supplementation dysregulates redox and energy metabolism in rats: Implications for exercise performance
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシド補給はラットの酸化還元とエネルギー代謝を調節不全にする:運動パフォーマンスへの影響
著者名
I A Kourtzidis 他
カテゴリー
公開日
2018-08-24
論文タイトル(オリジナル)
Programming of the Beige Phenotype in White Adipose Tissue of Adult Mice by Mild Resveratrol and Nicotinamide Riboside Supplementations in Early Postnatal Life
論文タイトル(自動翻訳)
出生後早期の軽度のレスベラトロールとニコチンアミドリボシド補給による成体マウスの白色脂肪組織におけるベージュ表現型のプログラミング
著者名
Alba Serrano 他
カテゴリー
公開日
2018-08-20
論文タイトル(オリジナル)
Erratum: Author Correction: Repeat dose NRPT (nicotinamide riboside and pterostilbene) increases NAD + levels in humans safely and sustainably: a randomized, double-blind, placebo-controlled study
論文タイトル(自動翻訳)
Erratum:著者の訂正:反復投与NRPT(ニコチンアミドリボシドおよびプテロスチルベン)は、安全かつ持続的にヒトのNAD +レベルを増加させる:無作為化二重盲検プラセボ対照試験
著者名
Ryan W Dellinger 他
カテゴリー
公開日
2018-08-16
論文タイトル(オリジナル)
β-nicotinamide mononucleotide (NMN) production in Escherichia coli
論文タイトル(自動翻訳)
大腸菌におけるβ-ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の産生
著者名
George C?t?lin Marinescu 他
カテゴリー
公開日
2018-08-01
論文タイトル(オリジナル)
A randomized placebo-controlled clinical trial of nicotinamide riboside in obese men: safety, insulin-sensitivity, and lipid-mobilizing effect
論文タイトル(自動翻訳)
肥満男性におけるニコチンアミドリボシドのランダム化プラセボ対照臨床試験:安全性、インスリン感受性、および脂質動員効果
著者名
Ole L Dollerup 他
カテゴリー
公開日
2018-07-01
論文タイトル(オリジナル)
The Regulatory Role of NAD in Human and Animal Cells
論文タイトル(自動翻訳)
ヒトおよび動物細胞におけるNADの調節的役割
著者名
V A Kulikova 他
カテゴリー
公開日
2018-06-26
論文タイトル(オリジナル)
Cardioprotection by nicotinamide mononucleotide (NMN): Involvement of glycolysis and acidic pH
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)による心臓保護:解糖と酸性pHの関与
著者名
Sergiy M Nadtochiy 他
カテゴリー
公開日
2018-06-12
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide adenine dinucleotide is transported into mammalian mitochondria
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドは哺乳類のミトコンドリアに輸送される
著者名
Antonio Davila 他
カテゴリー
公開日
2018-06-11
論文タイトル(オリジナル)
Targeting glucose transport and the NAD pathway in tumor cells with STF-31: a re-evaluation
論文タイトル(自動翻訳)
STF-31による腫瘍細胞のグルコース輸送とNAD経路の標的化:再評価
著者名
Dominik Kraus 他
カテゴリー
公開日
2018-06-07
論文タイトル(オリジナル)
The pathomechanism of cytochrome c oxidase deficiency includes nuclear DNA damage
論文タイトル(自動翻訳)
シトクロムcオキシダーゼ欠損症の病態メカニズムには核DNA損傷が含まれる
著者名
Liza Douiev 他
カテゴリー
公開日
2018-06-05
論文タイトル(オリジナル)
The NAD+ Precursor Nicotinamide Riboside Rescues Mitochondrial Defects and Neuronal Loss in iPSC and Fly Models of Parkinson's Disease
論文タイトル(自動翻訳)
NAD +前駆体ニコチンアミドリボシドは、パーキンソン病のiPSCおよびハエモデルにおけるミトコンドリアの欠陥とニューロンの喪失を救済する
著者名
David C Sch?ndorf 他
カテゴリー
公開日
2018-06-02
論文タイトル(オリジナル)
Overexpression of NRK1 ameliorates diet- and age-induced hepatic steatosis and insulin resistance
論文タイトル(自動翻訳)
NRK1の過剰発現は、食事および加齢による脂肪肝とインスリン抵抗性を改善します
著者名
Rui Fan 他
カテゴリー
公開日
2018-05-29
論文タイトル(オリジナル)
Multigenerational obesity-induced perturbations in oocyte-secreted factor signalling can be ameliorated by exercise and nicotinamide mononucleotide
論文タイトル(自動翻訳)
卵母細胞分泌因子シグナル伝達における多世代の肥満誘発性摂動は、運動とニコチンアミドモノヌクレオチドによって改善することができる
著者名
M J Bertoldo 他
カテゴリー
公開日
2018-05-24
論文タイトル(オリジナル)
Administration of nicotinamide riboside prevents oxidative stress and organ injury in sepsis
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドの投与は、敗血症における酸化ストレスと臓器損傷を防ぐ
著者名
Guangliang Hong 他
カテゴリー
公開日
2018-05-16
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide phosphoribosyltransferase regulates cocaine reward through Sirtuin 1
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドホスホリボシルトランスフェラーゼは、サーチュイン1を介してコカイン報酬を調節します
著者名
Jueying Kong 他
カテゴリー
公開日
2018-05-15
論文タイトル(オリジナル)
Chemo-enzymatic synthesis of isotopically labeled nicotinamide riboside
論文タイトル(自動翻訳)
同位体標識されたニコチンアミドリボシドの化学酵素的合成
著者名
Ai Tran 他
カテゴリー
公開日
2018-05-11
論文タイトル(オリジナル)
Role of Nicotinamide Adenine Dinucleotide and Related Precursors as Therapeutic Targets for Age-Related Degenerative Diseases: Rationale, Biochemistry, Pharmacokinetics, and Outcomes
論文タイトル(自動翻訳)
加齢性変性疾患の治療標的としてのニコチンアミドアデニンジヌクレオチドおよび関連する前駆体の役割:理論的根拠、生化学、薬物動態、および結果
著者名
Nady Braidy 他
カテゴリー
公開日
2018-05-09
論文タイトル(オリジナル)
Hyperthermophilic Archaeon Thermococcus kodakarensis Utilizes a Four-Step Pathway for NAD + Salvage through Nicotinamide Deamination
論文タイトル(自動翻訳)
超好熱性古細菌Thermococcuskodakarensisは、ニコチンアミド脱アミノ化によるNAD +サルベージの 4段階経路を利用する
著者名
Shin-Ichi Hachisuka 他
カテゴリー
公開日
2018-05-01
論文タイトル(オリジナル)
Quantitative Analysis of NAD Synthesis-Breakdown Fluxes
論文タイトル(自動翻訳)
NAD合成の定量分析-分解フラックス
著者名
Ling Liu 他
カテゴリー
公開日
2018-04-05
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside attenuates alcohol induced liver injuries via activation of SirT1/PGC-1α/mitochondrial biosynthesis pathway
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは、SirT1 /PGC-1α/ミトコンドリア生合成経路の活性化を介してアルコール誘発性肝障害を軽減する
著者名
Sufan Wang 他
カテゴリー
公開日
2018-04-01
論文タイトル(オリジナル)
Emerging potential benefits of modulating NAD + metabolism in cardiovascular disease
論文タイトル(自動翻訳)
心血管疾患における NAD +代謝 を調節することの新たな潜在的利益
著者名
Daniel S Matasic 他
カテゴリー
公開日
2018-03-29
論文タイトル(オリジナル)
Chronic nicotinamide riboside supplementation is well-tolerated and elevates NAD + in healthy middle-aged and older adults
論文タイトル(自動翻訳)
慢性的なニコチンアミドリボシドの補給は忍容性が高く、健康な中高年の成人のNAD +を上昇させる
著者名
Christopher R Martens 他
カテゴリー
公開日
2018-03-25
論文タイトル(オリジナル)
Simultaneous measurement of NAD metabolome in aged mice tissue using liquid chromatography tandem-mass spectrometry
論文タイトル(自動翻訳)
液体クロマトグラフィータンデム質量分析を使用した老齢マウス組織におけるNADメタボロームの同時測定
著者名
Keisuke Yaku 他
カテゴリー
公開日
2018-03-22
論文タイトル(オリジナル)
Impairment of an Endothelial NAD +-H 2 S Signaling Network Is a Reversible Cause of Vascular Aging
論文タイトル(自動翻訳)
内皮NAD + -H 2 Sシグナル伝達ネットワークの障害は、血管老化の可逆的原因
著者名
デビッド・シンクレア 他
カテゴリー
公開日
2018-03-07
論文タイトル(オリジナル)
A need for NAD+ in muscle development, homeostasis, and aging
論文タイトル(自動翻訳)
筋肉の発達、恒常性、老化におけるNAD +の必要性
著者名
Michelle F Goody 他
カテゴリー
公開日
2018-03-06
論文タイトル(オリジナル)
Therapeutic Potential of NAD-Boosting Molecules: The In Vivo Evidence
論文タイトル(自動翻訳)
NAD増強分子の治療の可能性:invivoでの証拠
著者名
デビッド・シンクレア 他
カテゴリー
公開日
2018-02-28
論文タイトル(オリジナル)
Directed Evolution of Membrane Transport Using Synthetic Selections
論文タイトル(自動翻訳)
合成選択を使用した膜輸送の定向進化
著者名
Anne P Bali 他
カテゴリー
公開日
2018-02-05
論文タイトル(オリジナル)
NAD + supplementation normalizes key Alzheimer's features and DNA damage responses in a new AD mouse model with introduced DNA repair deficiency
論文タイトル(自動翻訳)
NAD +補給は、導入されたDNA修復欠損を伴う新しいADマウスモデルにおける主要なアルツハイマー病の特徴とDNA損傷反応を正常化する
著者名
Yujun Hou 他
カテゴリー
公開日
2018-02-01
論文タイトル(オリジナル)
NAD + biosynthesis, aging, and disease
論文タイトル(自動翻訳)
NAD +生合成、老化、および病気
著者名
今井眞一郎 他
カテゴリー
公開日
2018-01-09
論文タイトル(オリジナル)
Poly(ADP-Ribose) Polymerase Inhibitor PJ34 Attenuated Hepatic Triglyceride Accumulation in Alcoholic Fatty Liver Disease in Mice
論文タイトル(自動翻訳)
ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ阻害剤PJ34はマウスのアルコール性脂肪肝疾患における肝臓トリグリセリド蓄積を弱めた
著者名
Shishun Huang 他
カテゴリー
公開日
2017-12-24
論文タイトル(オリジナル)
Synthesis of β-Nicotinamide Riboside Using an Efficient Two-Step Methodology
論文タイトル(自動翻訳)
効率的な2段階の方法論を使用したβ-ニコチンアミドリボシドの合成
著者名
Ning Zhang 他
カテゴリー
公開日
2017-12-14
論文タイトル(オリジナル)
NAD + Intermediates: The Biology and Therapeutic Potential of NMN and NR
論文タイトル(自動翻訳)
NAD +中間体:NMNおよびNRの生物学的および治療的潜在力
著者名
今井眞一郎 他
カテゴリー
公開日
2017-12-07
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide Riboside Preserves Cardiac Function in a Mouse Model of Dilated Cardiomyopathy
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは拡張型心筋症のマウスモデルで心機能を維持する
著者名
Nicolas Diguet 他
カテゴリー
公開日
2017-12-06
論文タイトル(オリジナル)
An open-label, non-randomized study of the pharmacokinetics of the nutritional supplement nicotinamide riboside (NR) and its effects on blood NAD+ levels in healthy volunteers
論文タイトル(自動翻訳)
栄養補助食品ニコチンアミドリボシド(NR)の薬物動態および健康なボランティアの血中NAD +レベルに対するその影響に関する非盲検非ランダム化試験
著者名
Sophia E Airhart 他
カテゴリー
公開日
2017-12-05
論文タイトル(オリジナル)
Perturbations of NAD + salvage systems impact mitochondrial function and energy homeostasis in mouse myoblasts and intact skeletal muscle
論文タイトル(自動翻訳)
NAD +サルベージシステムの摂動は、マウス筋芽細胞と無傷の骨格筋のミトコンドリア機能とエネルギー恒常性に影響を与える
著者名
Marianne Agerholm 他
カテゴリー
公開日
2017-11-24
論文タイトル(オリジナル)
Repeat dose NRPT (nicotinamide riboside and pterostilbene) increases NAD + levels in humans safely and sustainably: a randomized, double-blind, placebo-controlled study
論文タイトル(自動翻訳)
反復投与NRPT(ニコチンアミドリボシドおよびプテロスチルベン)は、ヒトのNAD +レベルを安全かつ持続的に増加させる:無作為化二重盲検プラセボ対照試験
著者名
Ryan W Dellinger 他
カテゴリー
公開日
2017-11-08
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide mononucleotide (NMN) supplementation ameliorates the impact of maternal obesity in mice: comparison with exercise
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の補給は、マウスの母体の肥満の影響を改善する:運動との比較
著者名
デビッド・シンクレア 他
カテゴリー
公開日
2017-11-01
論文タイトル(オリジナル)
Regulatory Effects of NAD + Metabolic Pathways on Sirtuin Activity
論文タイトル(自動翻訳)
サーチュイン活性 に対するNAD +代謝経路の調節効果
著者名
Ning Zhang 他
カテゴリー
公開日
2017-10-09
論文タイトル(オリジナル)
MacroH2A1.1 regulates mitochondrial respiration by limiting nuclear NAD + consumption
論文タイトル(自動翻訳)
MacroH2A1.1は、核のNAD +消費を制限することにより、ミトコンドリアの呼吸を調節する
著者名
Melanija Posavec Marjanovi? 他
カテゴリー
公開日
2017-10-03
論文タイトル(オリジナル)
Oleate ameliorates palmitate-induced reduction of NAMPT activity and NAD levels in primary human hepatocytes and hepatocarcinoma cells
論文タイトル(自動翻訳)
オレイン酸は、初代ヒト肝細胞および肝細胞癌細胞におけるパルミチン酸誘発性のNAMPT活性およびNADレベルの低下を改善する
著者名
Melanie Penke 他
カテゴリー
公開日
2017-09-22
論文タイトル(オリジナル)
Bioenergetic state regulates innate inflammatory responses through the transcriptional co-repressor CtBP
論文タイトル(自動翻訳)
生体エネルギー状態は、転写コリプレッサーCtBPを介して先天性炎症反応を調節する
著者名
Yiguo Shen 他
カテゴリー
公開日
2017-09-18
論文タイトル(オリジナル)
The Effects of Ramadan Fasting on Body Composition, Blood Pressure, Glucose Metabolism, and Markers of Inflammation in NAFLD Patients: An Observational Trial
論文タイトル(自動翻訳)
NAFLD患者の体組成、血圧、糖代謝、および炎症のマーカーに対するラマダン絶食の影響:観察試験
著者名
Fereshteh Aliasghari 他
カテゴリー
公開日
2017-09-18
論文タイトル(オリジナル)
The impact of the Standard American Diet in rats: Effects on behavior, physiology and recovery from inflammatory injury
論文タイトル(自動翻訳)
ラットにおける標準的なアメリカの食事療法の影響:行動、生理学および炎症性損傷からの回復への影響
著者名
Stacie K Totsch 他
カテゴリー
公開日
2017-09-18
論文タイトル(オリジナル)
Deficiency of the Mitochondrial NAD Kinase Causes Stress-Induced Hepatic Steatosis in Mice
論文タイトル(自動翻訳)
ミトコンドリアNADキナーゼの欠損はマウスにストレス誘発性脂肪肝を引き起こす
著者名
Kezhong Zhang 他
カテゴリー

研 究

Research

NMN自主検査情報

急性経口毒性試験

要約

弊社NMN原料をマウスに投与し毒性を検査した結果、最大量を投与した場合も毒性は認められなかった。

試験実施施設

一般財団法人日本食品分析センター 多摩研究所

試験目的

検体について、OECD Guideline for Testing of Chemicals 420(2001)に準拠し、マウスにおける急性経口毒性を調べる。

試験概要

5週齢のICR系雌雄マウスに約1週間の予備飼育を行って一般状態に異常のないことを確認した後、試験に使用した。
検体投与用量として2000mg/kgを投与する試験群及び溶媒対照として注射用水を投与する対照群を設定し、各群につき雌雄それぞれ5匹を用いた。
投与前に約4時間試験動物を絶食させた。体重を測定した後、試験群には試験液、対照群には注射用水をそれぞれ20mL/kgの投与容量で胃ゾンデを用いて強制単回経口投与した。
観察期間は14日間とし、投与日は頻回、翌日から1日1回の観察を行った。投与後7及び14日に体重を測定し、Leveneの検定を行った、分散に差が認められなかったため、Studentのt-検定により群間の比較を行った。有意水準は5%とした。観察期間終了時に動物すべてを剖検した。
1)死亡例
  雌雄ともにいずれの投与群においても、観察期間中に死亡例は認められなかった。
2)一般状態
  雌雄ともにいずれの投与群においても、観察期間中に異常は見られなかった。
3)体重変化(表-1及び2)
  投与後7及び14日の体重測定において、雌雄ともに試験群は対照群と比べ体重値に差は見られなかった。
4)剖検所見
  観察期間終了時の剖検では、雌雄ともにすべての試験動物に異常は見られなかった。

5週齢のICR系雌雄マウスに約1週間の予備飼育を行って一般状態に異常のないことを確認した後、試験に使用した。
検体投与用量として2000mg/kgを投与する試験群及び溶媒対照として注射用水を投与する対照群を設定し、各群につき雌雄それぞれ5匹を用いた。
投与前に約4時間試験動物を絶食させた。体重を測定した後、試験群には試験液、対照群には注射用水をそれぞれ20mL/kgの投与容量で胃ゾンデを用いて強制単回経口投与した。
観察期間は14日間とし、投与日は頻回、翌日から1日1回の観察を行った。投与後7及び14日に体重を測定し、Leveneの検定を行った、分散に差が認められなかったため、Studentのt-検定により群間の比較を行った。有意水準は5%とした。観察期間終了時に動物すべてを剖検した。
1)死亡例
雌雄ともにいずれの投与群においても、観察期間中に死亡例は認められなかった。
2)一般状態
雌雄ともにいずれの投与群においても、観察期間中に異常は見られなかった。
3)体重変化(表-1及び2)
投与後7及び14日の体重測定において、雌雄ともに試験群は対照群と比べ体重値に差は見られなかった。
4)剖検所見
観察期間終了時の剖検では、雌雄ともにすべての試験動物に異常は見られなかった。

美白・抗老化・抗酸化試験

要約

NMN(Nicotinamide mononucleotide)を細胞に添加すると、
□ 陰性対照と比較し、チロシナーゼ活性阻害率が有意に増加した。
□ 陰性対照と比較し、エラスターゼ活性阻害率が有意に増加した。
□ 陰性対照と比較し、活性酸素種(DPPH)消去率が有意に増加した。
上記より、NMN(Nicotinamide mononucleotide)は美白・抗老化・抗酸化を視野に入れた原料として可能性をもつと考えられた。

試験実施施設

‍株式会社きれいテストラボ

試験項目

□チロシナーゼ阻害活性
□ エラスターゼ阻害活性
□ 活性酸素(DPPH)消去

試験概要

加齢した人の皮膚では、しみやしわやたるみなどの老徴が観察される。しみ、すなわち表皮におけるメラニン の蓄積にはメラノサイトにおけるチロシナーゼ活性が重要な役割を果たしている。また、しわやたるみの一因 である皮膚弾力(ハリ)の低下には、真皮線維芽細胞が産生する弾力線維(エラスチン)を分解するエラスター ゼ活性が関与していると考えられている。加えて、しわやたるみの原因の約 80%は長期紫外線曝露による光老化であると言われている一方、紫外線が皮膚に惹起する様々な現象は、活性酸素種を介していることが知られている。このため、光老化対策を考える上で活性酸素種の消去は重要な位置づけにあると言える。そこで本試験では、被験物質の、チロシナーゼ阻害活性・エラスターゼ阻害活性・活性酸素種(DPPH)消去能を評価し、 被験物質のアンチエイジング化粧料への活用の可能性を検討した。

放射能検査

要約

弊社NMN原料の放射性ヨウ素(I-131)および放射性セシウム (Cs-137, Cs-134)の分析をおこなった結果、いずれの放射性物質も確認されなかった。

試験実施施設

一般社団法人 農民連食品分析センター

試験項目

放射性ヨウ素 I-131
放射性セシウム Cs-137
放射性セシウム Cs-134

試験概要

「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」(厚生労働省医薬局食品保険部監視安全課 平成14 年3月)、および文部科学省放射能測定法シリーズ「No.7ゲルマニウム半導体検出器によるγ線スペクト ロメトリー」(平成4年改訂)」、厚生労働省医薬局食品安全部監視安全課「事務連絡-検査における留意 事項について-(流水による洗浄)」(平成23年3月18日)、を基に、ゲルマニウム半導体検出器を用いた 放射性ヨウ素(I-131)および放射性セシウム(Cs-137, Cs-134)の測定を実施した。 核種の定量には、数 学的効率作成プログラム「LabSOCS」による効率校正を使用した。

サーチュイン検査

要約

22回にわたるヒト検査で、NMNを3ヶ月間投与すると有意にサーチュイン遺伝子が活性化することが確認された。

試験実施施設

免疫分析センター株式会社

試験項目

全血からRNAを抽出し、定量RT-PCR法により遺伝子発現量を測定する。

試験概要

採取した検体(凍結全血2.5 cc)からRNAを抽出し、定量RT-PCR法によりサーチュイン遺伝子発現量を測定する。血液中の細胞を溶解しRNAを抽出し、RNAを逆転写し得られたcDNAを鋳型に定量PCRを行う。その際、Β-actin遺伝子を内部標準として用い、SIRT1遺伝子発現量を相対定量する。試験では、SIRT1遺伝子発現量の異なる2種の細胞株をコントロールとして同時に測定する。また、複製サンプルのばらつき示すCt値(PCR増幅産物がある一定量に達したときのサイクル数)の変動係数(CV)は平均約1%である。

体内部位別吸収検査

要約

胃、舌下、腸の各部位NMN吸収効率を、血液内NAD+レベル測定により試験した。その結果、胃吸収を基準とし、舌下で1.6倍、腸で3.1倍も吸収効率が上昇することが確認された。

試験実施施設

試験実施施設株式会社先端バイオ医薬研究所

試験項目

胃、舌下、腸の各部位からのNMN摂取前後の血中NAD+の変化を測定する。

試験概要

血清中の総NAD+/NADH 量、NADH 量および NAD+ 量の定量および、NAD+ とNADH の比率を測定する。抽出バッファーを用いて調製した細胞ライセートを加熱処理することにより、細胞内 NADH 量のみを定量することができ、別途測定した総 NAD+/NADH 量からNADH 量を差し引くことで、細胞内 NAD+ 量を求めることが可能となる。採血後に血清を分離し、限外ろ過にてタンパク質を除去した後、比色法にて総 NAD+/NADH 量を測定する。加熱処理によりNAD+は分解するため、血清中のNADH 量のみ定量することができる。総 NAD+/NADH 量からNADH 量を差し引くことでNAD+量を算出することが可能となる。

研 究

Research

株式会社StateArt(旧:先端バイオ医薬研究所)

株式会社StateArt
(旧:先端バイオ医薬研究所)

遺伝子治療の技術提供、医薬品、医薬部外品、研究開発試薬の研究、開発

同社では、最先端のバイオテクノロジーを駆使し、難治性疾患の新しいアプローチの研究開発を進めています。特に、ヒトゲノム解析後に世界で意欲的な研究開発が行われ、難治性疾患に対する有効かつ劇的な臨床が相次いで報告されている「遺伝子治療」に注目し、希少疾患の検査法・治療法の開発から、医療現場への展開を目指しておられます。

企業プロフィール

株式会社先端バイオ医薬研究所

企業所在地

〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-9-12 StateArtビル

設立年月日

2015年11月17日

資本金

145,000,250円

役員構成

代表取締役社長 石川 貴大

顧問

医学顧問 阿部重一 医師
(厚生労働省薬務局審査課GCP査察官,厚生労働省労働基準局労働衛生課長、
厚生労働省保険局医務課医療指導監査室長、茅ヶ崎セントラルクリニック院長)
医学顧問 久保田全 医師
(東京トータル美容クリニック 院長)

事業内容

医薬品、医薬部外品、研究開発試薬の研究、開発、調査及びコンサルティング
医療用機械器具、医療用材料、化粧品、食品、飲料品の商品企画、開発、品質検査及び分析検査、医薬品、医薬部外品、 医療用機械器具、医療用材料、化粧品、食品、飲料品、その他化学製品の卸、販売及び輸出入 臨床検査業務の受託

株式会社超臨界技術研究所

超臨界を活用した食品、化粧品等の研究開発・産学連携など各種プロジェクト事業

超臨界流体は、常圧の状態とは違う性質を有することで、さまざまな用途が期待されています。代表的な用途は物体からの特定物質の抽出と洗浄です。現在、超臨界を使って製品化・商品化されているものがいくつかありますが、これらは1980~1990年代に研究・装置製造がなされたものがほとんどです。超臨界による抽出超臨界による抽出では、たとえば以下のような活用が行われています。珈琲やカレーなどの匂い成分を抽出して、レトルト食品などへと匂いをつける。バラの精油(アロマオイル)やサージーオイル(種子)など油成分を抽出する。プロポリスやDHAなどの高付加価値有用成分を抽出する。カフェインレスコーヒーのように、カフェインだけを限定的に摘出して除去する。
広島県食品工業技術センターが「調味料の製造方法」として圧力酵素分解法というものを開発しました。その圧力酵素分解法を簡単・安全に使用できるのが同社の開発した「まるごとエキス」です。従来、古くから使われている醗酵による分解、近年使用されている酵素を人工的に添加して分解を促す酵素分解などがあります。圧力酵素分解法とは酵素分解をさらに発展させ、問題点をも解決した従来の酵素分解法の枠に収まらない新しい方法です。

企業プロフィール

株式会社超臨界技術研究所

企業所在地

〒733-0002
広島市西区楠木町3-13-17

設立年月日

1986年

資本金

10,000,000円

役員構成

代表取締役 野口 賢二郎

取締役所長 佐伯 憲治

事業内容

超臨界抽出装置の販売
各種プロジェクト事業への参画
機能性食品の開発製造業
超臨界条件における処理・抽出等の受託試験

株式会社東洋高圧

超臨界を活用した食品、化粧品等の研究開発・産学連携など各種プロジェクト事業

同社は主に、プラントの実験装置の開発と製造を行ってきました。高温高圧や真空分野の実験装置をはじめ、石油化学、新エネルギー、食品化学、原子力工業、メタノール合成、繊維化学、鉄鋼、製紙、各種溶剤、など、 その分野は多岐にわたっていますが、 これらの装置は高い質と精度が要求されます。特に世界に一つだけのものが多く、蓄積したノウハウとその特殊性は当社の高い技術力の基礎となっています。 また、このノウハウの一部を応用して、各種装置の自社開発も行っております。 また、食品分野では、カニの殻むき機や冷凍魚の自動切身装置、短時間でスパゲッティをゆであげる装置等を開発し その能力の正確さや早さで好評を博しました。特に生カニ足皮むき装置では第19回発明大賞特別賞を受賞、 1996年には科学技術庁長官より注目発明賞、2000年には超臨界装置で、ニュービジネス大賞特別賞を受賞いたしました。 さらに、環境問題が深刻化する今、エコロジーやリサイクル分野にも取り組んでいます。桧の廃材から檜オイルを抽出する装置もその一つです。使い道のない廃材をオイルとして製品化でき、ゴミの減量にも役立ちます。同様のニーズは多々あり、ノウハウを活かした開発をさらに、期待されています。

残留農薬検出装置、ダイオキシン分解装置、超臨界クロマト装置、連続式超臨界装置、アルキル化試験装置など、さまざまな装置の製造を行っています。おもに環境に関してと、高性能化に関しての装置が多く、現在でもNEDOなどの事業に絡み、バイオマスの有効利用に関しての研究を進めています。

企業プロフィール

株式会社東洋高圧

企業所在地

〒733-0002
広島市西区楠木町2丁目1-22

設立年月日

1981年4月9日

資本金

10,000,000円

役員構成

代表取締役 野口 琢史

事業内容

1.高温高圧化学装置の設計・製作
2.化学機械、理化学機械の設計・製作
3.高圧ガス特定設備、第一種圧力容器等の反応容器及び真空用容器の設計・製作
4.高圧機器及び高圧流体制御機器の設計・製作
5.高圧ガス及び真空配管工事の設計・施工
6.高圧ガス個別認定・バルブ
7.真空容器および真空装置の設計・製作
8.機械関係・電気関係の設計分野におけるCADシステムによる設計
9.上記各項に附帯する施工に関する一切の事業