Loading

研 究

Research

NMN論文アーカイブ

NMNやサーチュイン遺伝子に関する研究は日進月歩で進み、毎月のように新しい研究成果を発表する論文が報告されています。
ここでは、最新研究論文を機械翻訳による日本語にてお読みいただけます。

酸化
その他
認知
糖尿
血圧
肥満
老化・若返り
Thank you! Your submission has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.
公開日
論文タイトル(オリジナル)
論文タイトル(自動翻訳)
論文著者名
カテゴリー
原文
自動翻訳
公開日
2021-01-01
論文タイトル(オリジナル)
From genoprotection to rejuvenation
論文タイトル(自動翻訳)
遺伝子保護から若返りまで
著者名
Siamak Tabibzadeh
カテゴリー
公開日
2021-01-01
論文タイトル(オリジナル)
Signaling pathways and effectors of aging
論文タイトル(自動翻訳)
老化のシグナル伝達経路とエフェクター
著者名
Siamak Tabibzadeh
カテゴリー
公開日
2020-11-07
論文タイトル(オリジナル)
NAD+ therapy in age-related degenerative disorders: A benefit/risk analysis
論文タイトル(自動翻訳)
加齢性変性疾患におけるNAD +療法:ベネフィット/リスク分析
著者名
Nady Braidy 他
カテゴリー
公開日
2020-11-01
論文タイトル(オリジナル)
Can nicotinamide riboside protect against cognitive impairment?
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは認知障害から保護できるか?
著者名
Nady Braidy 他
カテゴリー
公開日
2020-10-17
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside reduces cardiometabolic risk factors and modulates cardiac oxidative stress in obese Wistar rats under caloric restriction
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは、カロリー制限下の肥満ウィスターラットの心臓代謝の危険因子を減らし、心臓の酸化ストレスを調節する
著者名
Josimar Macedo de Castro 他
カテゴリー
公開日
2020-10-06
論文タイトル(オリジナル)
Adult zebrafish as an in vivo drug testing model for ethanol induced acute hepatic injury
論文タイトル(自動翻訳)
エタノール誘発急性肝障害のinvivo薬物検査モデルとしての成体ゼブラフィッシュ
著者名
Ki-Hoon Park 他
カテゴリー
公開日
2020-10-05
論文タイトル(オリジナル)
Disturbed mitochondrial dynamics in CD8 + TILs reinforce T cell exhaustion
論文タイトル(自動翻訳)
CD8 + TILのミトコンドリアダイナミクスの乱れは、T細胞の枯渇を促進する
著者名
Yi-Ru Yu 他
カテゴリー
公開日
2020-10-05
論文タイトル(オリジナル)
Parental SIRT1 Overexpression Attenuate Metabolic Disorders Due to Maternal High-Fat Feeding
論文タイトル(自動翻訳)
親のSIRT1過剰発現は、母体の高脂肪食による代謝障害を軽減します
著者名
Long T Nguyen 他
カテゴリー
公開日
2020-10-05
論文タイトル(オリジナル)
Predictive value of sirtuins in acute myocardial infarction - Bridging the bench to the clinical practice
論文タイトル(自動翻訳)
急性心筋梗塞におけるサーチュインの予測値-臨床診療への橋渡し
著者名
Arquimedes Gasparotto Junior 他
カテゴリー
公開日
2020-10-01
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside relieves paclitaxel-induced peripheral neuropathy and enhances suppression of tumor growth in tumor-bearing rats
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは、パクリタキセル誘発性末梢神経障害を緩和し、担癌ラットの腫瘍増殖の抑制を強化する
著者名
Marta V Hamity 他
カテゴリー
公開日
2020-09-28
論文タイトル(オリジナル)
Molecular pathophysiology of acute kidney injury: The role of sirtuins and their interactions with other macromolecular players
論文タイトル(自動翻訳)
急性腎障害の分子病態生理学:サーチュインの役割と他の高分子プレーヤーとの相互作用
著者名
Yalda Rahbar Saadat 他
カテゴリー
公開日
2020-09-09
論文タイトル(オリジナル)
Expression of sirtuins in ovarian follicles of postnatal mice
論文タイトル(自動翻訳)
出生後のマウスの卵胞におけるサーチュインの発現
著者名
Deqi Kong 他
カテゴリー
公開日
2020-08-31
論文タイトル(オリジナル)
Antioxidant Modulation of mTOR and Sirtuin Pathways in Age-Related Neurodegenerative Diseases
論文タイトル(自動翻訳)
加齢性神経変性疾患におけるmTORおよびサーチュイン経路の抗酸化調節
著者名
Asmaa Abdullah 他
カテゴリー
公開日
2020-08-20
論文タイトル(オリジナル)
Axonal Protection by Nicotinamide Riboside via SIRT1-Autophagy Pathway in TNF-Induced Optic Nerve Degeneration
論文タイトル(自動翻訳)
TNF誘発視神経変性におけるSIRT1-オートファジー経路を介したニコチンアミドリボシドによる軸索保護
著者名
Yasushi Kitaoka 他
カテゴリー
公開日
2020-08-13
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside with pterostilbene (NRPT) increases NAD + in patients with acute kidney injury (AKI): a randomized, double-blind, placebo-controlled, stepwise safety study of escalating doses of NRPT in patients with AKI
論文タイトル(自動翻訳)
プテロスチルベン(NRPT)を含むニコチンアミドリボシドは急性腎障害(AKI)患者のNAD +を増加させる:AKI患者におけるNRPTの漸増用量の無作為化二重盲検プラセボ対照段階的安全性試験
著者名
Petra Simic 他
カテゴリー
公開日
2020-08-13
論文タイトル(オリジナル)
NAD + Metabolism as an Emerging Therapeutic Target for Cardiovascular Diseases Associated With Sudden Cardiac Death
論文タイトル(自動翻訳)
心臓突然死に関連する心血管疾患の新たな治療標的としての NAD +代謝
著者名
Weiyi Xu 他
カテゴリー
公開日
2020-08-11
論文タイトル(オリジナル)
SS-31 and NMN: Two paths to improve metabolism and function in aged hearts
論文タイトル(自動翻訳)
SS-31とNMN:老化した心臓の代謝と機能を改善する2つの方法
著者名
今井眞一郎ら
カテゴリー
公開日
2020-08-04
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide Mononucleotide Supplementation Reverses the Declining Quality of Maternally Aged Oocytes
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチド補充は、母体の老化した卵母細胞の品質の低下を逆転させる
著者名
Yilong Miao 他
カテゴリー
公開日
2020-08-04
論文タイトル(オリジナル)
Modulation of Energy Sensing by Leucine Synergy with Natural Sirtuin Activators: Effects on Health Span
論文タイトル(自動翻訳)
天然サーチュイン活性化因子とのロイシン相乗作用によるエネルギー感知の調節:健康スパンへの影響
著者名
Michael B Zemel
カテゴリー
公開日
2020-08-03
論文タイトル(オリジナル)
Mitochondrial DNA mutation exacerbates female reproductive aging via impairment of the NADH/NAD + redox
論文タイトル(自動翻訳)
ミトコンドリアDNA変異は、NADH / NAD +レドックスの 障害を介して女性の生殖老化を悪化させる
著者名
Liang Yang 他
カテゴリー
公開日
2020-08-03
論文タイトル(オリジナル)
Systemic Treatment With Nicotinamide Riboside Is Protective in a Mouse Model of Light-Induced Retinal Degeneration
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドによる全身治療は、光誘発性網膜変性のマウスモデルにおいて保護的である
著者名
Xian Zhang 他
カテゴリー
公開日
2020-08-01
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside supplementation alters body composition and skeletal muscle acetylcarnitine concentrations in healthy obese humans
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシド補給は健康な肥満の人間の体組成と骨格筋アセチルカルニチン濃度を変化させる
著者名
Carlijn M E Remie 他
カテゴリー
公開日
2020-07-27
論文タイトル(オリジナル)
Metabolic engineering of Escherichia coli for optimized biosynthesis of nicotinamide mononucleotide, a noncanonical redox cofactor
論文タイトル(自動翻訳)
非標準的なレドックス補因子であるニコチンアミドモノヌクレオチドの最適化された生合成のための大腸菌の代謝工学
著者名
William B Black 他
カテゴリー
公開日
2020-07-22
論文タイトル(オリジナル)
Sleeve gastrectomy ameliorated high-fat diet (HFD)-induced non-alcoholic fatty liver disease and upregulated the nicotinamide adenine dinucleotide +/ Sirtuin-1 pathway in mice
論文タイトル(自動翻訳)
スリーブ状胃切除術は、マウスの高脂肪食(HFD)誘発性の非アルコール性脂肪肝疾患を改善し、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド+ /サーチュイン1経路をアップレギュレートした
著者名
Rong Hua 他
カテゴリー
公開日
2020-07-22
論文タイトル(オリジナル)
Dysfunctional T Cell Mitochondria Lead to Premature Aging
論文タイトル(自動翻訳)
機能不全のT細胞ミトコンドリアは早期老化につながる
著者名
Guy Lenaers 他
カテゴリー
公開日
2020-07-22
論文タイトル(オリジナル)
Implications of NAD + boosters in translational medicine
論文タイトル(自動翻訳)
翻訳医学における NAD +ブースターの 意味
著者名
Baeki E Kang 他
カテゴリー
公開日
2020-07-16
論文タイトル(オリジナル)
In ovo feeding of nicotinamide riboside affects broiler pectoralis major muscle development
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドの卵内給餌は、ブロイラー大胸筋の発達に影響を与える
著者名
John M Gonzalez 他
カテゴリー
公開日
2020-07-09
論文タイトル(オリジナル)
Gene Therapy Preserves Retinal Structure and Function in a Mouse Model of NMNAT1-Associated Retinal Degeneration
論文タイトル(自動翻訳)
遺伝子治療は、NMNAT1関連網膜変性の マウスモデルにおいて網膜の構造と機能を維持する
著者名
Scott H Greenwald 他
カテゴリー
公開日
2020-06-30
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide Phosphoribosyltransferase (Nampt)/Nicotinamide Adenine Dinucleotide (NAD) Axis Suppresses Atrial Fibrillation by Modulating the Calcium Handling Pathway
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(Nampt)/ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD)軸は、カルシウム処理経路を調節することにより心房細動を抑制する
著者名
Duo Feng 他
カテゴリー
公開日
2020-06-22
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside supplementation corrects deficits in oxytocin, sociability and anxiety of CD157 mutants in a mouse model of autism spectrum disorder
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシド補給は、自閉症スペクトラム障害のマウスモデルにおけるオキシトシン、社交性およびCD157変異体の不安の欠陥を修正する
著者名
Maria Gerasimenko 他
カテゴリー
公開日
2020-06-20
論文タイトル(オリジナル)
The interplay between oxidative stress and bioenergetic failure in neuropsychiatric illnesses: can we explain it and can we treat it?
論文タイトル(自動翻訳)
神経精神病における酸化ストレスと生体エネルギー障害の相互作用:それを説明でき、治療できるか?
著者名
G Morris 他
カテゴリー
公開日
2020-05-31
論文タイトル(オリジナル)
Increasing ovarian NAD + levels improve mitochondrial functions and reverse ovarian aging
論文タイトル(自動翻訳)
卵巣NAD +レベルの増加は、ミトコンドリア機能を改善し、卵巣の老化を逆転させる
著者名
Qingling Yang 他
カテゴリー
公開日
2020-05-31
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide Riboside-The Current State of Research and Therapeutic Uses
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシド-研究と治療用途の現状
著者名
Mario Mehmel 他
カテゴリー
公開日
2020-05-26
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide Mononucleotide Administration Prevents Experimental Diabetes-Induced Cognitive Impairment and Loss of Hippocampal Neurons
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチド投与は、実験的糖尿病誘発性認知障害および海馬ニューロンの喪失を予防する
著者名
Krish Chandrasekaran 他
カテゴリー
公開日
2020-05-22
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside-A missing piece in the puzzle of exercise therapy for older adults?
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシド-高齢者のための運動療法のパズルの欠片?
著者名
Carlo Custodero 他
カテゴリー
公開日
2020-05-12
論文タイトル(オリジナル)
Recent Advances in NAMPT Inhibitors: A Novel Immunotherapic Strategy
論文タイトル(自動翻訳)
NAMPT阻害剤の最近の進歩:新しい免疫療法戦略
著者名
Ubaldina Galli 他
カテゴリー
公開日
2020-05-08
論文タイトル(オリジナル)
Reversal of endothelial dysfunction by nicotinamide mononucleotide via extracellular conversion to nicotinamide riboside
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドへの細胞外変換を介したニコチンアミドモノヌクレオチドによる内皮機能障害の逆転
著者名
?ukasz Mateuszuk 他
カテゴリー
公開日
2020-05-05
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide mononucleotide administration after sever hypoglycemia improves neuronal survival and cognitive function in rats
論文タイトル(自動翻訳)
重度の低血糖後のニコチンアミドモノヌクレオチド投与は、ラットのニューロンの生存と認知機能を改善する
著者名
Xiaonan Wang 他
カテゴリー
公開日
2020-05-04
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide mononucleotide attenuates glucocorticoid?induced osteogenic inhibition by regulating the SIRT1/PGC?1α signaling pathway
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチドは、SIRT1 / PGC?1αシグナル伝達経路を調節することにより、糖質コルチコイド誘発性の骨形成阻害を軽減する
著者名
Rui-Xiong Huang 他
カテゴリー
公開日
2020-05-04
論文タイトル(オリジナル)
NAD + Controls Circadian Reprogramming through PER2 Nuclear Translocation to Counter Aging
論文タイトル(自動翻訳)
NAD +は、老化に対抗するためのPER2核移行を介して概日リプログラミングを制御する
著者名
Daniel C Levine 他
カテゴリー
公開日
2020-04-28
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide Mononucleotide: A Promising Molecule for Therapy of Diverse Diseases by Targeting NAD+ Metabolism
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチド:NAD +代謝を標的とすることによる多様な疾患の治療のための有望な分子
著者名
Weiqi Hong 他
カテゴリー
公開日
2020-04-28
論文タイトル(オリジナル)
DNA Damage, an Innocent Bystander in Atrial Fibrillation and Other Cardiovascular Diseases?
論文タイトル(自動翻訳)
DNA損傷、心房細動やその他の心血管疾患の無実の傍観者?
著者名
Kennedy S Ramos 他
カテゴリー
公開日
2020-04-26
論文タイトル(オリジナル)
Sirtuins and intervertebral disc degeneration: Roles in inflammation, oxidative stress, and mitochondrial function
論文タイトル(自動翻訳)
サーチュインと椎間板変性症:炎症、酸化ストレス、ミトコンドリア機能における役割
著者名
Guang-Zhi Zhang 他
カテゴリー
公開日
2020-04-25
論文タイトル(オリジナル)
Targeting sirtuin activity with nicotinamide riboside reduces neuroinflammation in a GWI mouse model
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドでサーチュイン活性を標的にすることは、GWIマウスモデルの神経炎症を軽減する
著者名
Utsav Joshi 他
カテゴリー
公開日
2020-04-23
論文タイトル(オリジナル)
Deletion of Topoisomerase 1 in excitatory neurons causes genomic instability and early onset neurodegeneration
論文タイトル(自動翻訳)
興奮性ニューロンにおけるトポイソメラーゼ1の欠失は、ゲノム不安定性と早期発症型神経変性を引き起こす
著者名
Giulia Fragola 他
カテゴリー
公開日
2020-04-22
論文タイトル(オリジナル)
Structural and Functional Characterization of NadR from Lactococcus lactis
論文タイトル(自動翻訳)
Lactococcuslactis からのNadRの構造的および機能的特性化
著者名
Artem Stetsenko 他
カテゴリー
公開日
2020-04-15
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide, Nicotinamide Riboside and Nicotinic Acid-Emerging Roles in Replicative and Chronological Aging in Yeast
論文タイトル(自動翻訳)
酵母の複製および経時的老化におけるニコチンアミド、ニコチンアミドリボシドおよびニコチン酸の新たな役割
著者名
Ivan Orlandi 他
カテゴリー
公開日
2020-04-01
論文タイトル(オリジナル)
The acute effect of metabolic cofactor supplementation: a potential therapeutic strategy against non-alcoholic fatty liver disease
論文タイトル(自動翻訳)
代謝補因子補給の急性効果:非アルコール性脂肪性肝疾患に対する潜在的な治療戦略
著者名
Cheng Zhang 他
カテゴリー
公開日
2020-03-26
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside protects noise-induced hearing loss by recovering the hair cell ribbon synapses
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは、有毛細胞リボンシナプスを回復することにより、騒音性難聴を保護する
著者名
Shuguang Han 他
カテゴリー
公開日
2020-03-25
論文タイトル(オリジナル)
Administration of Nicotinamide Mononucleotide (NMN) Reduces Metabolic Impairment in Male Mouse Offspring from Obese Mothers
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の投与は、肥満の母親からのオスのマウスの子孫の代謝障害を軽減する
著者名
デビッド・シンクレア 他
カテゴリー
公開日
2020-03-10
論文タイトル(オリジナル)
Modulation of aryl hydrocarbon receptor (AHR) and the NAD +-consuming enzyme CD38: Searches of therapeutic options for nonalcoholic fatty liver disease (NAFLD)
論文タイトル(自動翻訳)
アリール炭化水素受容体(AHR)とNAD +消費酵素CD38の調節:非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の治療選択肢の検索
著者名
Karl Walter Bock
カテゴリー
公開日
2020-03-03
論文タイトル(オリジナル)
Bacteria Boost Mammalian Host NAD Metabolism by Engaging the Deamidated Biosynthesis Pathway
論文タイトル(自動翻訳)
細菌は、脱アミド化された生合成経路に関与することにより、哺乳類の宿主NAD代謝を促進する
著者名
Igor Shats 他
カテゴリー
公開日
2020-02-19
論文タイトル(オリジナル)
Long noncoding RNA SNHG12 integrates a DNA-PK-mediated DNA damage response and vascular senescence
論文タイトル(自動翻訳)
長鎖 ノンコーディングRNASNHG12は、DNA-PKを介したDNA損傷応答と血管老化を統合する
著者名
Stefan Haemmig 他
カテゴリー
公開日
2020-02-19
論文タイトル(オリジナル)
Induction of the nicotinamide riboside kinase NAD + salvage pathway in a model of sarcoplasmic reticulum dysfunction
論文タイトル(自動翻訳)
筋小胞体機能不全のモデルにおける ニコチンアミドリボシドキナーゼNAD +サルベージ経路の誘導
著者名
Craig L Doig 他
カテゴリー
公開日
2020-02-13
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide mononucleotide (NMN) supplementation promotes neurovascular rejuvenation in aged mice: transcriptional footprint of SIRT1 activation, mitochondrial protection, anti-inflammatory, and anti-apoptotic effects
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の補給は、老齢マウスの神経血管の若返りを促進する:SIRT1活性化の転写フットプリント、ミトコンドリア保護、抗炎症、および抗アポトーシス効果
著者名
Tamas Kiss 他
カテゴリー
公開日
2020-02-12
論文タイトル(オリジナル)
NAD + precursors protect corneal endothelial cells from UVB-induced apoptosis
論文タイトル(自動翻訳)
NAD +前駆体は、角膜内皮細胞をUVB誘導アポトーシスから保護する
著者名
Can Zhao 他
カテゴリー
公開日
2020-02-11
論文タイトル(オリジナル)
NAD + Repletion Rescues Female Fertility during Reproductive Aging
論文タイトル(自動翻訳)
NAD + 補充は、生殖老化の際に女性の生殖能力を救う
著者名
デビッド・シンクレア 他
カテゴリー
公開日
2020-01-29
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside alleviates alcohol-induced depression-like behaviours in C57BL/6J mice by altering the intestinal microbiota associated with microglial activation and BDNF expression
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは、ミクログリアの活性化とBDNF発現に関連する腸内細菌叢を変化させることにより、C57BL / 6Jマウスのアルコール誘発性うつ病様行動を軽減する
著者名
Yushan Jiang 他
カテゴリー
公開日
2020-01-27
論文タイトル(オリジナル)
A nicotinamide phosphoribosyltransferase-GAPDH interaction sustains the stress-induced NMN/NAD + salvage pathway in the nucleus
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドホスホリボシルトランスフェラーゼ-GAPDH相互作用は、核内のストレス誘発性NMN / NAD +サルベージ経路を維持する
著者名
Ambra A Grolla 他
カテゴリー
公開日
2020-01-21
論文タイトル(オリジナル)
Overexpression of the histidine triad nucleotide-binding protein 2 protects cardiac function in the adult mice after acute myocardial infarction
論文タイトル(自動翻訳)
ヒスチジントライアドヌクレオチド結合タンパク質2の過剰発現は、急性心筋梗塞後の成体マウスの心機能を保護する
著者名
Mengkang Fan 他
カテゴリー
公開日
2020-01-20
論文タイトル(オリジナル)
Extracellular NAD + enhances PARP-dependent DNA repair capacity independently of CD73 activity
論文タイトル(自動翻訳)
細胞外NAD +は、CD73活性とは無関係にPARP依存性DNA修復能力を増強する
著者名
Anna Wilk 他
カテゴリー
公開日
2020-01-14
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside rescues angiotensin II-induced cerebral small vessel disease in mice
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは、マウスのアンギオテンシンII誘発性脳小血管疾患を救済する
著者名
Cheng-Cheng Li 他
カテゴリー
公開日
2020-01-09
論文タイトル(オリジナル)
The effect of NAMPT deletion in projection neurons on the function and structure of neuromuscular junction (NMJ) in mice
論文タイトル(自動翻訳)
マウスの神経筋接合部(NMJ)の機能と構造に対する投射ニューロンのNAMPT欠失の影響
著者名
Samuel Lundt 他
カテゴリー
公開日
2020-01-07
論文タイトル(オリジナル)
Short-term NAD + supplementation prevents hearing loss in mouse models of Cockayne syndrome
論文タイトル(自動翻訳)
短期間のNAD +補給は、コケイン症候群のマウスモデルの難聴を防ぐ
著者名
Mustafa N Okur 他
カテゴリー
公開日
2020-01-02
論文タイトル(オリジナル)
α-Mangostin reduced the viability of A594 cells in vitro by provoking ROS production through downregulation of NAMPT/NAD
論文タイトル(自動翻訳)
α-マンゴスチンは、NAMPT / NADのダウンレギュレーションを通じてROS産生を誘発することにより、invitroでA594細胞の生存率を低下させた
著者名
Yan-Yun Ding 他
カテゴリー
公開日
2020-01-01
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide Riboside Enhances Mitochondrial Proteostasis and Adult Neurogenesis through Activation of Mitochondrial Unfolded Protein Response Signaling in the Brain of ALS SOD1 G93A Mice
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは、ALS SOD1 G93Aマウスの 脳におけるミトコンドリアの折りたたまれていないタンパク質応答シグナル伝達の活性化を通じて、ミトコンドリアのタンパク質恒常性と成人の神経新生を増強する
著者名
Qi Zhou 他
カテゴリー
公開日
2019-12-23
論文タイトル(オリジナル)
Mechanisms of transformation of nicotinamide mononucleotides to cerebral infarction hemorrhage based on MCAO model
論文タイトル(自動翻訳)
MCAOモデルに基づくニコチンアミドモノヌクレオチドの脳梗塞出血への変換のメカニズム
著者名
Liang Shu 他
カテゴリー
公開日
2019-12-16
論文タイトル(オリジナル)
NAD + precursor modulates post-ischemic mitochondrial fragmentation and reactive oxygen species generation via SIRT3 dependent mechanisms
論文タイトル(自動翻訳)
NAD +前駆体は、SIRT3依存メカニズムを介して虚血後のミトコンドリアの断片化と活性酸素種の生成を調節する
著者名
Nina Klimova 他
カテゴリー
公開日
2019-12-16
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide Pathway-Dependent Sirt1 Activation Restores Calcium Homeostasis to Achieve Neuroprotection in Spinocerebellar Ataxia Type 7
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミド経路依存性Sirt1活性化は、カルシウム恒常性を回復させ、脊髄小脳失調症7型の神経保護を達成する
著者名
Colleen A Stoyas 他
カテゴリー
公開日
2019-12-10
論文タイトル(オリジナル)
Investigating RNA expression profiles altered by nicotinamide mononucleotide therapy in a chronic model of alcoholic liver disease
論文タイトル(自動翻訳)
アルコール性肝疾患の慢性モデルにおけるニコチンアミドモノヌクレオチド療法によって変化したRNA発現プロファイルの調査
著者名
Mohammed A Assiri 他
カテゴリー
公開日
2019-12-02
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide mononucleotide ameliorates the depression-like behaviors and is associated with attenuating the disruption of mitochondrial bioenergetics in depressed mice
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチドは、うつ病のような行動を改善し、うつ病のマウスのミトコンドリアの生体エネルギーの破壊を弱めることに関連している
著者名
Xiaoxian Xie 他
カテゴリー
公開日
2019-11-29
論文タイトル(オリジナル)
Identification of small-molecule urea derivatives as novel NAMPT inhibitors via pharmacophore-based virtual screening
論文タイトル(自動翻訳)
ファーマコフォアベースの仮想スクリーニングによる新規NAMPT阻害剤としての小分子尿素誘導体の同定
著者名
Fikriye Ozgencil 他
カテゴリー
公開日
2019-11-29
論文タイトル(オリジナル)
Degradation of Extracellular NAD + Intermediates in Cultures of Human HEK293 Cells
論文タイトル(自動翻訳)
ヒトHEK293細胞の培養 における細胞外NAD +中間体の分解
著者名
Veronika Kulikova 他
カテゴリー
公開日
2019-11-25
論文タイトル(オリジナル)
Engineering a nicotinamide mononucleotide redox cofactor system for biocatalysis
論文タイトル(自動翻訳)
生体触媒作用のためのニコチンアミドモノヌクレオチドレドックス補因子システムのエンジニアリング
著者名
William B Black 他
カテゴリー
公開日
2019-11-21
論文タイトル(オリジナル)
Understanding the physicochemical properties and degradation kinetics of nicotinamide riboside, a promising vitamin B 3 nutritional supplement
論文タイトル(自動翻訳)
物理化学的性質およびニコチンアミドリボシドの分解速度を理解する、有望なビタミンB 3栄養補助食品
著者名
Michael T D Campbell 他
カテゴリー
公開日
2019-11-20
論文タイトル(オリジナル)
Therapeutic strategies for diffuse midline glioma from high-throughput combination drug screening
論文タイトル(自動翻訳)
ハイスループット併用薬物スクリーニングによるびまん性正中神経膠腫の治療戦略
著者名
Grant L Lin 他
カテゴリー
公開日
2019-11-20
論文タイトル(オリジナル)
Subcellular Characterization of Nicotinamide Adenine Dinucleotide Biosynthesis in Metastatic Melanoma by Using Organelle-Specific Biosensors
論文タイトル(自動翻訳)
オルガネラ特異的バイオセンサーを用いた転移性黒色腫におけるニコチンアミドアデニンジヌクレオチド生合成の細胞内特性化
著者名
Federica Gaudino 他
カテゴリー
公開日
2019-11-16
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside kinase-2 alleviates ischemia-induced heart failure through P38 signaling
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドキナーゼ-2は、P38シグナル伝達を介して虚血誘発性心不全を軽減する
著者名
Firdos Ahmad 他
カテゴリー
公開日
2019-11-15
論文タイトル(オリジナル)
Structure-functional changes in eNAMPT at high concentrations mediate mouse and human beta cell dysfunction in type 2 diabetes
論文タイトル(自動翻訳)
高濃度でのeNAMPTの構造機能変化は、2型糖尿病におけるマウスおよびヒトのベータ細胞機能障害を仲介する
著者名
Sophie R Sayers 他
カテゴリー
公開日
2019-11-12
論文タイトル(オリジナル)
Pharmacological restoration of autophagy reduces hypertension-related stroke occurrence
論文タイトル(自動翻訳)
オートファジーの薬理学的回復は、高血圧関連の脳卒中の発生を減らす
著者名
Maurizio Forte 他
カテゴリー
公開日
2019-11-06
論文タイトル(オリジナル)
Adipose tissue NAD + biosynthesis is required for regulating adaptive thermogenesis and whole-body energy homeostasis in mice
論文タイトル(自動翻訳)
脂肪組織NAD +生合成は、マウスの適応熱発生と全身エネルギー恒常性を調節するために必要
著者名
Shintaro Yamaguchi 他
カテゴリー
公開日
2019-11-02
論文タイトル(オリジナル)
Effect of oral administration of nicotinamide mononucleotide on clinical parameters and nicotinamide metabolite levels in healthy Japanese men
論文タイトル(自動翻訳)
健康な日本人男性の臨床パラメーターとニコチンアミド代謝物レベルに対するニコチンアミドモノヌクレオチドの経口投与の効果
著者名
今井眞一郎 他
カテゴリー
公開日
2019-11-02
論文タイトル(オリジナル)
Treatment with the poly(ADP-ribose) polymerase inhibitor PJ-34 improves cerebromicrovascular endothelial function, neurovascular coupling responses and cognitive performance in aged mice, supporting the NAD+ depletion hypothesis of neurovascular aging
論文タイトル(自動翻訳)
ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ阻害剤PJ-34による治療は、老化したマウスの脳微小血管内皮機能、神経血管カップリング応答、および認知能力を改善し、神経血管老化のNAD +枯渇仮説を支持する
著者名
Stefano Tarantini 他
カテゴリー
公開日
2019-10-31
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide Mononucleotide and Melatonin Alleviate Aging-induced Cognitive Impairment via Modulation of Mitochondrial Function and Apoptosis in the Prefrontal Cortex and Hippocampus
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチドとメラトニンは、前頭前野と海馬のミトコンドリア機能とアポトーシスの調節を介して、加齢による認知障害を軽減する
著者名
Leila Hosseini 他
カテゴリー
公開日
2019-10-30
論文タイトル(オリジナル)
Altered muscle electrical tissue properties in a mouse model of premature aging
論文タイトル(自動翻訳)
早期老化のマウスモデルにおける筋肉の電気組織特性の変化
著者名
Joanne Clark-Matott 他
カテゴリー
公開日
2019-10-23
論文タイトル(オリジナル)
Melatonin and Nicotinamide Mononucleotide Attenuate Myocardial Ischemia/Reperfusion Injury via Modulation of Mitochondrial Function and Hemodynamic Parameters in Aged Rats
論文タイトル(自動翻訳)
メラトニンとニコチンアミドモノヌクレオチドは、老齢ラットのミトコンドリア機能と血行力学的パラメーターの調節を介して心筋虚血/再灌流障害を軽減する
著者名
Leila Hosseini 他
カテゴリー
公開日
2019-10-15
論文タイトル(オリジナル)
NAD + repletion inhibits the endothelial-to-mesenchymal transition induced by TGF-β in endothelial cells through improving mitochondrial unfolded protein response
論文タイトル(自動翻訳)
NAD +の補充は、ミトコンドリアの折りたたまれていないタンパク質応答を改善することにより、内皮細胞においてTGF-βによって誘導される内皮から間葉への移行を阻害する
著者名
Minxue Zhang 他
カテゴリー
公開日
2019-10-04
論文タイトル(オリジナル)
Development of a Bioluminescent High-Throughput Screening Assay for Nicotinamide Mononucleotide Adenylyltransferase (NMNAT)
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチドアデニリルトランスフェラーゼ(NMNAT)の生物発光ハイスループットスクリーニングアッセイの開発
著者名
Brad A Haubrich 他
カテゴリー
公開日
2019-10-03
論文タイトル(オリジナル)
A reduced form of nicotinamide riboside defines a new path for NAD + biosynthesis and acts as an orally bioavailable NAD + precursor
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドの還元型は、NAD +生合成の新しい経路を定義し、経口で生物学的に利用可能なNAD +前駆体 として機能する
著者名
Judith Giroud-Gerbetant 他
カテゴリー
公開日
2019-09-20
論文タイトル(オリジナル)
Endogenous nicotinamide riboside metabolism protects against diet-induced liver damage
論文タイトル(自動翻訳)
内因性ニコチンアミドリボシド代謝は、食事による肝障害から保護する
著者名
Audrey Sambeat 他
カテゴリー
公開日
2019-09-13
論文タイトル(オリジナル)
A ribose-functionalized NAD + with unexpected high activity and selectivity for protein poly-ADP-ribosylation
論文タイトル(自動翻訳)
タンパク質ポリ-ADP-リボシル化に対して予想外の高い活性と選択性を示す リボース官能化NAD +
著者名
Xiao-Nan Zhang 他
カテゴリー
公開日
2019-09-12
論文タイトル(オリジナル)
A Pilot Study Investigating Changes in the Human Plasma and Urine NAD+ Metabolome During a 6 Hour Intravenous Infusion of NAD
論文タイトル(自動翻訳)
NADの6時間の静脈内注入中のヒト血漿および尿NAD +メタボロームの変化を調査するパイロット研究
著者名
Ross Grant 他
カテゴリー
公開日
2019-09-07
論文タイトル(オリジナル)
NAD + precursor increases aerobic performance in mice
論文タイトル(自動翻訳)
NAD +前駆体はマウスの有酸素パフォーマンスを向上させる
著者名
Barbara M Crisol 他
カテゴリー
公開日
2019-09-05
論文タイトル(オリジナル)
Combined Treatment with L-Carnitine and Nicotinamide Riboside Improves Hepatic Metabolism and Attenuates Obesity and Liver Steatosi
論文タイトル(自動翻訳)
L-カルニチンとニコチンアミドリボシドの併用治療は、肝臓の代謝を改善し、肥満と脂肪肝を軽減する
著者名
Kanita Salic 他
カテゴリー
公開日
2019-08-28
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide mononucleotide (NMN) supplementation promotes anti-aging miRNA expression profile in the aorta of aged mice, predicting epigenetic rejuvenation and anti-atherogenic effects
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の補給は、老化したマウスの大動脈におけるアンチエイジングmiRNA発現プロファイルを促進し、エピジェネティックな若返りと抗アテローム生成効果を予測する
著者名
Tamas Kiss 他
カテゴリー
公開日
2019-08-28
論文タイトル(オリジナル)
Nicotinamide riboside exerts protective effect against aging-induced NAFLD-like hepatic dysfunction in mice
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドは、マウスの加齢によるNAFLD様肝機能障害に対して保護効果を発揮する
著者名
Xue Han 他
カテゴリー
公開日
2019-08-27
論文タイトル(オリジナル)
Supplementation with Nicotinamide Riboside Reduces Brain Inflammation and Improves Cognitive Function in Diabetic Mice
論文タイトル(自動翻訳)
ニコチンアミドリボシドの補給は、糖尿病マウスの脳の炎症を軽減し、認知機能を改善する
著者名
Hee Jae Lee 他
カテゴリー
公開日
2019-08-19
論文タイトル(オリジナル)
Sorafenib-Induced Apoptosis in Hepatocellular Carcinoma Is Reversed by SIRT1
論文タイトル(自動翻訳)
肝細胞癌におけるソラフェニブ誘発アポトーシスはSIRT1によって逆転する
著者名
Antje Garten 他
カテゴリー
公開日
2019-08-19
論文タイトル(オリジナル)
Low Cellular NAD + Compromises Lipopolysaccharide-Induced Inflammatory Responses via Inhibiting TLR4 Signal Transduction in Human Monocytes
論文タイトル(自動翻訳)
低細胞NAD +は、ヒト単球におけるTLR4シグナル伝達の阻害を介してリポ多糖誘発性炎症反応を損なう
著者名
Kuan Yang 他
カテゴリー
公開日
2019-08-13
論文タイトル(オリジナル)
Regulation of Glucose Metabolism by NAD + and ADP-Ribosylation
論文タイトル(自動翻訳)
NAD +およびADP-リボシル化によるグルコース代謝の調節
著者名
Ann-Katrin Hopp 他
カテゴリー
Next
1 / 4

研 究

Research

NMN自主検査情報

急性経口毒性試験

要約

弊社NMN原料をマウスに投与し毒性を検査した結果、最大量を投与した場合も毒性は認められなかった。

試験実施施設

一般財団法人日本食品分析センター 多摩研究所

試験目的

検体について、OECD Guideline for Testing of Chemicals 420(2001)に準拠し、マウスにおける急性経口毒性を調べる。

試験概要

5週齢のICR系雌雄マウスに約1週間の予備飼育を行って一般状態に異常のないことを確認した後、試験に使用した。
検体投与用量として2000mg/kgを投与する試験群及び溶媒対照として注射用水を投与する対照群を設定し、各群につき雌雄それぞれ5匹を用いた。
投与前に約4時間試験動物を絶食させた。体重を測定した後、試験群には試験液、対照群には注射用水をそれぞれ20mL/kgの投与容量で胃ゾンデを用いて強制単回経口投与した。
観察期間は14日間とし、投与日は頻回、翌日から1日1回の観察を行った。投与後7及び14日に体重を測定し、Leveneの検定を行った、分散に差が認められなかったため、Studentのt-検定により群間の比較を行った。有意水準は5%とした。観察期間終了時に動物すべてを剖検した。
1)死亡例
  雌雄ともにいずれの投与群においても、観察期間中に死亡例は認められなかった。
2)一般状態
  雌雄ともにいずれの投与群においても、観察期間中に異常は見られなかった。
3)体重変化(表-1及び2)
  投与後7及び14日の体重測定において、雌雄ともに試験群は対照群と比べ体重値に差は見られなかった。
4)剖検所見
  観察期間終了時の剖検では、雌雄ともにすべての試験動物に異常は見られなかった。

5週齢のICR系雌雄マウスに約1週間の予備飼育を行って一般状態に異常のないことを確認した後、試験に使用した。
検体投与用量として2000mg/kgを投与する試験群及び溶媒対照として注射用水を投与する対照群を設定し、各群につき雌雄それぞれ5匹を用いた。
投与前に約4時間試験動物を絶食させた。体重を測定した後、試験群には試験液、対照群には注射用水をそれぞれ20mL/kgの投与容量で胃ゾンデを用いて強制単回経口投与した。
観察期間は14日間とし、投与日は頻回、翌日から1日1回の観察を行った。投与後7及び14日に体重を測定し、Leveneの検定を行った、分散に差が認められなかったため、Studentのt-検定により群間の比較を行った。有意水準は5%とした。観察期間終了時に動物すべてを剖検した。
1)死亡例
雌雄ともにいずれの投与群においても、観察期間中に死亡例は認められなかった。
2)一般状態
雌雄ともにいずれの投与群においても、観察期間中に異常は見られなかった。
3)体重変化(表-1及び2)
投与後7及び14日の体重測定において、雌雄ともに試験群は対照群と比べ体重値に差は見られなかった。
4)剖検所見
観察期間終了時の剖検では、雌雄ともにすべての試験動物に異常は見られなかった。

美白・抗老化・抗酸化試験

要約

NMN(Nicotinamide mononucleotide)を細胞に添加すると、
□ 陰性対照と比較し、チロシナーゼ活性阻害率が有意に増加した。
□ 陰性対照と比較し、エラスターゼ活性阻害率が有意に増加した。
□ 陰性対照と比較し、活性酸素種(DPPH)消去率が有意に増加した。
上記より、NMN(Nicotinamide mononucleotide)は美白・抗老化・抗酸化を視野に入れた原料として可能性をもつと考えられた。

試験実施施設

‍株式会社きれいテストラボ

試験項目

□チロシナーゼ阻害活性
□ エラスターゼ阻害活性
□ 活性酸素(DPPH)消去

試験概要

加齢した人の皮膚では、しみやしわやたるみなどの老徴が観察される。しみ、すなわち表皮におけるメラニン の蓄積にはメラノサイトにおけるチロシナーゼ活性が重要な役割を果たしている。また、しわやたるみの一因 である皮膚弾力(ハリ)の低下には、真皮線維芽細胞が産生する弾力線維(エラスチン)を分解するエラスター ゼ活性が関与していると考えられている。加えて、しわやたるみの原因の約 80%は長期紫外線曝露による光老化であると言われている一方、紫外線が皮膚に惹起する様々な現象は、活性酸素種を介していることが知られている。このため、光老化対策を考える上で活性酸素種の消去は重要な位置づけにあると言える。そこで本試験では、被験物質の、チロシナーゼ阻害活性・エラスターゼ阻害活性・活性酸素種(DPPH)消去能を評価し、 被験物質のアンチエイジング化粧料への活用の可能性を検討した。

放射能検査

要約

弊社NMN原料の放射性ヨウ素(I-131)および放射性セシウム (Cs-137, Cs-134)の分析をおこなった結果、いずれの放射性物質も確認されなかった。

試験実施施設

一般社団法人 農民連食品分析センター

試験項目

放射性ヨウ素 I-131
放射性セシウム Cs-137
放射性セシウム Cs-134

試験概要

「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」(厚生労働省医薬局食品保険部監視安全課 平成14 年3月)、および文部科学省放射能測定法シリーズ「No.7ゲルマニウム半導体検出器によるγ線スペクト ロメトリー」(平成4年改訂)」、厚生労働省医薬局食品安全部監視安全課「事務連絡-検査における留意 事項について-(流水による洗浄)」(平成23年3月18日)、を基に、ゲルマニウム半導体検出器を用いた 放射性ヨウ素(I-131)および放射性セシウム(Cs-137, Cs-134)の測定を実施した。 核種の定量には、数 学的効率作成プログラム「LabSOCS」による効率校正を使用した。

サーチュイン検査

要約

22回にわたるヒト検査で、NMNを3ヶ月間投与すると有意にサーチュイン遺伝子が活性化することが確認された。

試験実施施設

免疫分析センター株式会社

試験項目

全血からRNAを抽出し、定量RT-PCR法により遺伝子発現量を測定する。

試験概要

採取した検体(凍結全血2.5 cc)からRNAを抽出し、定量RT-PCR法によりサーチュイン遺伝子発現量を測定する。血液中の細胞を溶解しRNAを抽出し、RNAを逆転写し得られたcDNAを鋳型に定量PCRを行う。その際、Β-actin遺伝子を内部標準として用い、SIRT1遺伝子発現量を相対定量する。試験では、SIRT1遺伝子発現量の異なる2種の細胞株をコントロールとして同時に測定する。また、複製サンプルのばらつき示すCt値(PCR増幅産物がある一定量に達したときのサイクル数)の変動係数(CV)は平均約1%である。

体内部位別吸収検査

要約

胃、舌下、腸の各部位NMN吸収効率を、血液内NAD+レベル測定により試験した。その結果、胃吸収を基準とし、舌下で1.6倍、腸で3.1倍も吸収効率が上昇することが確認された。

試験実施施設

試験実施施設株式会社先端バイオ医薬研究所

試験項目

胃、舌下、腸の各部位からのNMN摂取前後の血中NAD+の変化を測定する。

試験概要

血清中の総NAD+/NADH 量、NADH 量および NAD+ 量の定量および、NAD+ とNADH の比率を測定する。抽出バッファーを用いて調製した細胞ライセートを加熱処理することにより、細胞内 NADH 量のみを定量することができ、別途測定した総 NAD+/NADH 量からNADH 量を差し引くことで、細胞内 NAD+ 量を求めることが可能となる。採血後に血清を分離し、限外ろ過にてタンパク質を除去した後、比色法にて総 NAD+/NADH 量を測定する。加熱処理によりNAD+は分解するため、血清中のNADH 量のみ定量することができる。総 NAD+/NADH 量からNADH 量を差し引くことでNAD+量を算出することが可能となる。

研 究

Research

株式会社StateArt(旧:先端バイオ医薬研究所)

株式会社StateArt
(旧:先端バイオ医薬研究所)

遺伝子治療の技術提供、医薬品、医薬部外品、研究開発試薬の研究、開発

同社では、最先端のバイオテクノロジーを駆使し、難治性疾患の新しいアプローチの研究開発を進めています。特に、ヒトゲノム解析後に世界で意欲的な研究開発が行われ、難治性疾患に対する有効かつ劇的な臨床が相次いで報告されている「遺伝子治療」に注目し、希少疾患の検査法・治療法の開発から、医療現場への展開を目指しておられます。

企業プロフィール

株式会社先端バイオ医薬研究所

企業所在地

〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-9-12 StateArtビル

設立年月日

2015年11月17日

資本金

145,000,250円

役員構成

代表取締役社長 石川 貴大

顧問

医学顧問 阿部重一 医師
(厚生労働省薬務局審査課GCP査察官,厚生労働省労働基準局労働衛生課長、
厚生労働省保険局医務課医療指導監査室長、茅ヶ崎セントラルクリニック院長)
医学顧問 久保田全 医師
(東京トータル美容クリニック 院長)

事業内容

医薬品、医薬部外品、研究開発試薬の研究、開発、調査及びコンサルティング
医療用機械器具、医療用材料、化粧品、食品、飲料品の商品企画、開発、品質検査及び分析検査、医薬品、医薬部外品、 医療用機械器具、医療用材料、化粧品、食品、飲料品、その他化学製品の卸、販売及び輸出入 臨床検査業務の受託

株式会社超臨界技術研究所

超臨界を活用した食品、化粧品等の研究開発・産学連携など各種プロジェクト事業

超臨界流体は、常圧の状態とは違う性質を有することで、さまざまな用途が期待されています。代表的な用途は物体からの特定物質の抽出と洗浄です。現在、超臨界を使って製品化・商品化されているものがいくつかありますが、これらは1980~1990年代に研究・装置製造がなされたものがほとんどです。超臨界による抽出超臨界による抽出では、たとえば以下のような活用が行われています。珈琲やカレーなどの匂い成分を抽出して、レトルト食品などへと匂いをつける。バラの精油(アロマオイル)やサージーオイル(種子)など油成分を抽出する。プロポリスやDHAなどの高付加価値有用成分を抽出する。カフェインレスコーヒーのように、カフェインだけを限定的に摘出して除去する。
広島県食品工業技術センターが「調味料の製造方法」として圧力酵素分解法というものを開発しました。その圧力酵素分解法を簡単・安全に使用できるのが同社の開発した「まるごとエキス」です。従来、古くから使われている醗酵による分解、近年使用されている酵素を人工的に添加して分解を促す酵素分解などがあります。圧力酵素分解法とは酵素分解をさらに発展させ、問題点をも解決した従来の酵素分解法の枠に収まらない新しい方法です。

企業プロフィール

株式会社超臨界技術研究所

企業所在地

〒733-0002
広島市西区楠木町3-13-17

設立年月日

1986年

資本金

10,000,000円

役員構成

代表取締役 野口 賢二郎

取締役所長 佐伯 憲治

事業内容

超臨界抽出装置の販売
各種プロジェクト事業への参画
機能性食品の開発製造業
超臨界条件における処理・抽出等の受託試験

株式会社東洋高圧

超臨界を活用した食品、化粧品等の研究開発・産学連携など各種プロジェクト事業

同社は主に、プラントの実験装置の開発と製造を行ってきました。高温高圧や真空分野の実験装置をはじめ、石油化学、新エネルギー、食品化学、原子力工業、メタノール合成、繊維化学、鉄鋼、製紙、各種溶剤、など、 その分野は多岐にわたっていますが、 これらの装置は高い質と精度が要求されます。特に世界に一つだけのものが多く、蓄積したノウハウとその特殊性は当社の高い技術力の基礎となっています。 また、このノウハウの一部を応用して、各種装置の自社開発も行っております。 また、食品分野では、カニの殻むき機や冷凍魚の自動切身装置、短時間でスパゲッティをゆであげる装置等を開発し その能力の正確さや早さで好評を博しました。特に生カニ足皮むき装置では第19回発明大賞特別賞を受賞、 1996年には科学技術庁長官より注目発明賞、2000年には超臨界装置で、ニュービジネス大賞特別賞を受賞いたしました。 さらに、環境問題が深刻化する今、エコロジーやリサイクル分野にも取り組んでいます。桧の廃材から檜オイルを抽出する装置もその一つです。使い道のない廃材をオイルとして製品化でき、ゴミの減量にも役立ちます。同様のニーズは多々あり、ノウハウを活かした開発をさらに、期待されています。

残留農薬検出装置、ダイオキシン分解装置、超臨界クロマト装置、連続式超臨界装置、アルキル化試験装置など、さまざまな装置の製造を行っています。おもに環境に関してと、高性能化に関しての装置が多く、現在でもNEDOなどの事業に絡み、バイオマスの有効利用に関しての研究を進めています。

企業プロフィール

株式会社東洋高圧

企業所在地

〒733-0002
広島市西区楠木町2丁目1-22

設立年月日

1981年4月9日

資本金

10,000,000円

役員構成

代表取締役 野口 琢史

事業内容

1.高温高圧化学装置の設計・製作
2.化学機械、理化学機械の設計・製作
3.高圧ガス特定設備、第一種圧力容器等の反応容器及び真空用容器の設計・製作
4.高圧機器及び高圧流体制御機器の設計・製作
5.高圧ガス及び真空配管工事の設計・施工
6.高圧ガス個別認定・バルブ
7.真空容器および真空装置の設計・製作
8.機械関係・電気関係の設計分野におけるCADシステムによる設計
9.上記各項に附帯する施工に関する一切の事業